人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング

ブツブツと気になる!首いぼの正体と治し方

「なんだか最近、首元がザラザラする。」
「ネックレスやハイネックに引っかかってムズムズする。」

と思って鏡を見たら、得体の知れないイボが!

痛みやかゆみはなくても、首にできるイボは人目につきやすくて、気になるものです。

この記事では首にできたイボの一番簡単に痛みなくできる治し方をご紹介します。

>>編集部が厳選したおすすめ首イボの治し方はこちら

首や顔にできるイボは老人性イボである事が多い

イボは大きくわけて2種類あります。
ウイルス性のイボと加齢によってできる老人性のイボです。

ウイルス性のイボは手や足にできやすい

ウイルス性は傷口から感染するので、傷のできやすい手や足にできる場合が多いです。

もし、ウイルス性のイボに感染している場合は皮膚科での治療が必要になります。

老人性イボの原因はメラニン!だから日に当たる首や顔にできやすい

老人性イボの原因は排出できずに固まったメラニンです。

肌が健康であればメラニンは自然と排出され、固まる事はありません。
それが年齢を重ねるにつれてメラニンを上手く排出ができなくなるとイボとなってしまいます。

その為、日に当たる事が多かったり肌代謝が悪いと、20代でも老人性イボができる場合があります。

老人性イボは自宅ケアができる!皮膚科治療はリスクも考えて

老人性イボは肌代謝を良くしていけば、改善していくことができます。
その為、皮膚科に行かなくても専用のケア商品で対応できます。

老人性イボは皮膚科での治療も可能ですが、皮膚科の場合は取り除く施術になるので肌回復に2週間ほどかかってしまいます。

皮膚科での施術例

  • メスやハサミを使って切除する
  • レーザーや液体窒素を使用して焼き切る

痛みが心配だったり、傷跡がしばらく出来てしまうのが嫌という方は、まずは自宅でのケアをするのがおすすめです。

デリケートゾーン専用の美白クリーム おすすめランキング

ランキング1位

クリアポロン

クリアポロン画像
>>クリアポロン公式HP<<
  • 顔や首などデリケートな部位の使用OK
  • 定期初回料金が74%OFF1,800円で試しやすい
  • 定期だけではなく、単品でも一番お得
  • 美容成分が95.8%とたっぷり配合
  • 180日間の返金保証もあるから安心
市販商品は首への使用ができないが、クリアポロンならOK

市販商品は薬の成分が強い為、首や顔など皮膚が弱い部位への使用はNGです。

また、口コミでも市販商品を首イボにつけて痛くなった、肌荒れを起こしたという事があります。

クリアポロンは自然派由来の成分で健康的に改善していくので、顔や首への使用も安心です!

試しやすい価格が人気!単品も定期も安い

クリアポロンは初回価格が1,800円と2,000円以下で購入できます!

しかも、クリアポロンは定期だけではなく、単品購入もどの商品よりも安く試しやすい価格です。

美容成分は95.8%!スキンケアとしても使えるオールインワン

クリアポロンはイボケア成分はもちろんのこと、美肌成分が95.8%も高配合!

イボケアと併用して普段のスキンケアとしても一緒に使う事ができます♪

クリアポロンの詳細はこちら

ランキング2位

シルキースワン

シルキースワン画像
>>シルキースワン公式HP<<
  • クリーム2個+角質ケア付きでお得♪
  • 定期初回が70%OFFで購入できる!
  • 自然由来の成分がポツポツにアプローチ

シルキースワンの詳細はこちら

ランキング3位

アプリアージュ

アプリアージュ画像
>>アプリアージュ公式HP<<
  • ベタベタしないオイルで夏でも使いやすい
  • 南フランス産の高品質杏仁オイル
  • 19年の販売実績

アプリアージュの詳細はこちら

おすすめは1位のイビサクリーム!

クリアポロンは本当におすすめ?料金や成分を徹底比較!

編集部でおすすめなのはクリアポロンです。
どうしておすすめできるのか、分かりやすく人気の別商品と比較してみました。

商品名 クリアポロン

公式サイト
シルキースワン

公式サイト
アプリアージュ

公式サイト
定期価格 1,800円(初回)
5,440円(2回目以降)
2,980円(初回)
5,400円(2回目以降)
なし
通常価格 6,800円 10,584円 7,582円
ケア成分 あんずエキス
Wヨクイニン
杏仁オイル
ハトムギエキス
杏仁オイル
ヨクイニンエキス
内容量 60g 20g×2個 40ml

ケア成分はどの商品も大きくは変わらない

どの商品もケア成分として書いてあるのは、ヨクイニオン(ハトムギエキス)とあんずエキス(杏仁オイル)です。

ケア成分としてはどの商品も大きな違いはありません。

価格はクリアポロンが通常・定期ともに安い

ケア成分がそこまで変わらないのであれば、気になるのは料金です。

定期で比べてみると、シルキースワンよりもクリアポロンの方が1,000円以上も安く購入可能です。

また、単品購入の通常価格で考えてみても1,000円~3,000円ほどクリアポロンの方がお得です!

容量もたっぷり60gでクリアポロンはコスパも良い!

老人性イボはウイルスと違い肌代謝の低下で出来続ける可能性があります。
その為、老人性イボのケアは予防としても使っていく必要があります。

長く使っていく事を考えても容量が多いクリアポロンを使った方がお得です♪

>>総合して一番おすすめ!クリアポロンの詳細はこちら

市販薬「イボコロリ」と比べてみました

 

一番手軽に手に入るイボケア商品はドラッグストアでも的に入れる事ができるイボコロリです。

ドラッグストアで手に入るなら通販なんて面倒だし、市販で済ませたいという人は多い筈。

ここでは市販のイボコロリよりもどうして通販のクリアポロンをおすすめするのかを分かりやすく比較しながら解説していきます。

イボコロリは強い薬の為、顔や首への使用が禁止されている

イボコロリはイボを軟化させて柔らかくし、イボケアをしていく商品です。

固くなったイボを軟化させるほどの強力な薬なので、顔や首など皮膚の柔らかい場所への使用は公式で禁止されています。

さらには、イボ以外の皮膚についてしまう事自体が危険としており、注意書きから使用はかなり慎重になる必要がある事が分かります。

次の部位には使用しないでください。
①顔面、目の周囲や唇、粘膜など。
②首などの皮膚のやわらかい部分。
③炎症又は傷のある患部。

<用法及び用量に関連する注意>
⑤本剤が健康な皮膚に付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、患部の周りの皮膚につかないよう、よく注意して使用してください。

引用:イボコロリ公式ホームページ「製品紹介 | 液体タイプ」

クリアポロンは自然由来のイボケア成分で健康的にイボを改善

クリアポロンはイボコロリとは異なり、メラニンが自然に排出できるように肌を健康にしることでイボを改善していきます。

あんずエキス  … あんずに含まれるパルミトレイン酸が角質を軟化
ハトムギエキス … ハトムギが肌代謝を促し、健康な状態へと導いていく

ブツブツ気になる!首いぼの正体と治し方

「なんだか最近、首元がザラザラする…。」「ネックレスやハイネックに引っかかってムズムズする…。」
と思って鏡を見たら、得体の知れないイボが!

特に痛みやかゆみはなくても、首にできるイボは人目につきやすくて、気になるもの。
特にオシャレに敏感な30代から50代の女性が人知れず悩みを抱えています。

そこで気になる首いぼの正体と原因、治し方について徹底調査!
口コミで評判のケア方法についてもご紹介します。

このブツブツは何?首いぼができる4大要因

初めて首いぼを発見したショックに加え、『もしかして、何か病気?』と不安を抱えている人も多くみられます。

一体、このぶつぶつは何なのでしょう?
どうしてできてしまうのでしょうか?

1)摩擦や紫外線によるダメージ

肌どうしや肌と服、アクセサリーなどで皮膚がこすれることによってダメージが蓄積されてしまうのが原因の一つ。
気づかない間に摩擦ストレスが皮膚の細胞を押し上げることで次々と首いぼが生まれてきます。

また、紫外線によるダメージが一定量を超えてしまうと、シミが膨らんでイボになるとも言われています。

2)早い人では20代から!“老化”によるもの

実はショッキングなことに、首いぼの原因は“老化”によるものが多いと言われ、中高年以降に目立ってきます。

でも…老化だけでなく体質によってできるものもあるので、10代20代だからと言って決して油断はできません!

老化によるお肌の角質化

ではなぜ老化がいぼの原因になるのでしょう?

それは、老化によって体の新陳代謝が悪くなり、摩擦や日焼けなど、肌へ加わったダメージが回復されずに蓄積されてしまうから。

若いころはターンオーバー(肌の生まれ変わり)が早いのが、年齢を重ねると老廃物が溜まりやすく、角質化してしまいます。
それをケアせずに放置しておくとやがてイボに進行してしまうという説もあります。

女性ホルモンの分泌変化

ネットのクチコミなどではアラサー女性に悩みが多く見られる首のイボ。
でも、実際に一番症状が出ているのは更年期を迎えた女性です。
これは、女性ホルモンの分泌状況が若い頃とは変わってくるのが原因の一つと言われています。

3)肥満傾向にある人も注意

『最近特に体重が増えた…』という人も注意が必要です。

肥満傾向にある人は皮膚がたるんだり擦れたりする刺激で皮膚が角質化=「イボ」に進化しやすくなります。
また、新陳代謝の低下によって、身体の解毒作用がきちんと働かなくなることがイボの原因を作ってしまいます。

4)外部からのウィルス感染によるもの

特に気を付けなければならないのが<ウイルス感染によるイボ。
ただのイボだから…と放っておいたら、あっという間にぶつぶつが広がって痒みや痛みを伴うことも。
特に体が弱っている時に感染しやすく、人にうつしてしまう危険もあるので注意が必要です。

私のいぼは病気…?色々ある首いぼの種類

『気になるけど…放っておいても良いただのイボか、病気のイボか…』なかなか判断がつきにくい首いぼ。

まずは病院の皮膚科できちんと診察してもらうことをオススメしますが、ここではどんな種類のものがあるか見ていきましょう。

アクロコルドン(非感染性)

首や胸元にできるイボの多くがこのタイプ。
皮膚が柔らかい場所に多くでき、肌色で大きさは3㎜程度。
小さくて、あまり盛り上がっていないのが大きな特徴です。

ウイルスではなく、なんらかの外的刺激(皮膚摩擦や紫外線)によって発生するものなので、感染の心配はありません。

スキンタッグ(非感染性)

こちらも首や胸元にできるイボに多いタイプ。
アクロコルドンとの違いは少し大きくて、皮膚からとび出ているのが特徴。
大きくなると1㎝ほどになり、肌色だけではなく茶色や黒っぽく見えるものまで様々あります。

こちらもウイルスが原因ではなく、加齢によって発生するといわれています。
小さいながらも立派な腫瘍ですが、良性なので心配はいりません。

老人性疣贅・脂漏性角化症(非感染性)

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)・脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は別名“老人性イボ”とも言われるもの。
年齢をかさねていくと自然に出来てしまう、スキンタッグと同じく良性の腫瘍。

顔や体問わずどこにでも出来てしまうのが特徴で、色も様々。
痒みを伴う場合もあります。

このイボもウイルスが原因ではないので感染の心配はありません。

軟性線維腫(非感染性)

直径が5㎜を超えるような大きさのイボでアクロコルドンやスキンタッグのように増殖するのではなく、単発的に出来るのが特徴。

形も茎がある様なものからお椀型のものまで様々です。
特に高齢者、肥満の人、妊娠中の女性、糖尿病の人などにできやすいと言われています。

大きくて気になりますが、原因はウイルスではないので感染の心配はありません。

尋常性疣贅(注意!感染性)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、皮膚が白っぽくなり突起状の組織を形成するのが特徴です。
手の指や足といったこすれやすい部分に多くみられますが、首に発生することも。

ヒトパピローマウィルスというウイルス感染が原因です。
プールや銭湯などでも簡単にうつされてしまうので傷口のある人は特に注意!
ウィルス性のイボは触った手で他の場所を触ってしまうと移ることも指摘されています。

扁平疣贅(注意!感染性)

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とは、2㎜ほど小さめのニキビのような見た目。
皮膚の表面に平べったくできるのが特徴的なイボです。

ウイルス性で、傷口から感染してみるみる増殖してしまいます。

比較的若い年代にもみられ、女性にできやすく、更年期を迎えるあたりでの発症が多くみられます。

こちらのイボも感染力が高いので要注意!

悪性腫瘍(非感染性)

ホクロやシミ、イボと間違えやすいですが、だんだん大きくなり進行すると中心部が陥没するのが特徴。

皮膚の正常な組織が傷付いたり、何らかの刺激を受けた細胞の異常から発症するものなので感染はしません。

ただし悪性腫瘍は最悪の場合、命にかかわることもあるので特に注意が必要です!
イボの色が濃くなったり、急に大きくなったり、痛みを伴ったり、出血したりした場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。

自宅ケアにはこれ!おススメ3つの対策法

特に30~50代の女性が気にする、首にブツブツできるいぼの多くは非感染性で、大部分はアクロコルドンとスキンタッグと言われています。

これらのイボの改善に効果がある!と評判の対策方法や治療法をご紹介します。
自宅で気軽にケアできる商品もあるのでぜひ試してみましょう!

1)“首いぼ”に効く成分でスキンケア

首の皮膚は薄くてデリケート。
目立つ部分だからキレイに治したいですよね。

首いぼケアには以下3つの成分配合のものが特に効果的です。

①ヨクイニン・ハトムギ

ヨクイニンは、ハトムギの皮を取り除いた種に含まれる成分。
昔から「いぼ取り」や「肌荒れ」に効果があると言われ、治療に使われてきました。
身体の新陳代謝を上げる効果を持ち、いぼやシミ、そばかすなどの原因となる老廃物を排出する作用があります。
そのため、肌をきれいに保つ効果を持っていると言われています。

②アスタキサンチン(赤のチカラ)

天然由来の赤い色素「赤のチカラ」とも言われるアスタキサンチンには首いぼの原因である乾燥や紫外線を防ぐ効果があります。
そもそもの老化を食い止める抗酸化作用や、ウイルスに負けない免疫力を強化する効果も。

③杏仁オイル

杏仁オイルには人体に存在している皮脂と似た成分があり、肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促す効果があります。
肌を柔らかくして首イボを取れやすくするだけでなく、美肌効果や美白効果も。

病院ではどうやって治療するの?

最近では“首いぼ”専用の手軽なケア用品や市販薬もたくさん見られるようになりましたが、いずれも気長に少しずつ改善していくもの。
できるだけ早く除去したいという場合は病院での治療をオススメします。

医療用ピンセットやハサミによる切除

一瞬、びっくりしますが、皮膚科ではよく行わわれる処置方法です。
小さないぼならハサミで切り取ってもほとんど出血しません。
特にスキンタッグの治療に適しています。

液体窒素でイボを瞬間冷凍

マイナス200度の液体窒素でイボを瞬間冷凍して凍結させ、組織を死滅させます。
2週間ほど経てばポロポロと自然に取れていきます。
スキンタッグの治療に有効と言われています。

保険がきく場合が多いので比較的低価格でできる(10個くらいのイボなら1,000円未満)のがメリット。

デメリットは、術後の色素沈着。
術後は美白剤を外用してシミを薄くしますが、完全に消えるまでに半年から長い場合は2年以上かかることも。
麻酔をしないのでやや痛みがあるのも難点です。
 

炭酸ガスレーザーで患部組織を蒸発

炭酸ガスのレーザーを使用し、一瞬でイボを焼き切る(正確には患部組織を蒸発させる)という治療法。
比較的大きめのいぼ(軟性線維腫など)に適しています。

最近では「痕が残りにくい」「再発しにくい」という理由で、費用が高くても利用する人が多い傾向に。
費用の相場は1回10個ほど除去で2000円~5000円と病院によって大きな差があります。

大きくなりすぎた場合は切開手術

1㎝を超えるような大きないぼ(軟性線維腫など)の場合は局所麻酔を行ない、イボの根本となる部分にメスを入れて除去します。

病院の皮膚科と美容皮膚科、治療の違い

病院では万が一、悪性の事を考慮して組織検査を行います。
採取した組織が悪性の場合、速やかに適切な処置ができるのが病院で治療するメリット。

一方、美容皮膚科では取り除いた後の皮膚の見た目や仕上がりを重視してくれるのがメリット。
美容外科では、メスで取り除くよりも傷跡になりにくいレーザー治療の一種、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を使用する所が多いようです。

傷跡は1週間程度で目立たなくなる場合が多いようですが、保険適用外のため治療費は高めです。

まずは病院の皮膚科へ

首いぼにも色々な種類があることをご紹介しましたが、私たちには“ただのいぼ”か“病気のイボ”か判断が難しいところ。

ひとくちに首イボと言っても症状や原因に違いがあり、それぞれ治し方も変わってきます。

自己判断でケアしたり、放っておいたりせず、気になったらすぐに病院の皮膚科を受診しましょう!

ただし、首いぼは、病院で除去してもまた出来てしまう場合もあるので、費用と通院する手間がかかることも。
治療法によって保険が適用されるものとされないものがあるので事前に確認するようにしましょう!

若々しい“首元美人”でいるために

老化や皮膚の摩擦が大きな原因と言われる首いぼ。

最近では専用のケア用品もあり、皮膚科や美容クリニックでも気軽に治療できますが、やはり日頃のケアも大切です。

皮膚への摩擦を防ぐため、日常的に保湿を心がけ、直接肌につく下着などはできるだけコットンやシルクなどの天然素材のものにしましょう。
紫外線によるダメージも大敵なので、対策が必要です。

また、首いぼを増殖させるような食生活の改善も心がけましょう。
脂質が多い乳製品、内臓に負担をかけるアルコール、体を冷やすカフェイン、脂肪分が高い甘い物は美肌にも大敵です。

自分ではなかなか目がいかないけれど、実は人からよく見られている首元。

年齢が一番に出やすい場所とも言われています。

適度な運動と規則正しい生活、バランスのよい食事で代謝を高め、若々しい“首元美人”をめざしましょう。

PAGE TOP