人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング

かゆい首イボが出来てしまった!これ放っておいても大丈夫?

薄着になるシーズンだと、どうしても目立つようになる首イボに悩んでいる方は、女性を中心に決して少なくないようです。
事実、どうしても見た目が悪くなってしまいますし、首イボの状態によっては、不潔に見えてしまう場合もあります。

ただ、これらのような場合でも、特に首イボに何らかの症状や問題がない場合には、そのまま放置しておくという人も、割といるのではないでしょうか?

しかしながら、単に首イボが出来たというだけではなく、それに症状、特にかゆみが伴う場合には、そのまま放っておいて良いのかわからない方が多いでしょうし、かゆみが気になってしまって、何とかしたいと思う人がほとんどではないでしょうか?

ここでは、それらの気になる点について、説明していきたいと思います。

首イボが出来る原因

さて、まず考えなくてはならないのは、全般的に何故首イボが出来るのかという点です。
大まかに分類しますと、首イボは、

  • ウイルスが原因のものと、
  • ウイルスが原因ではないもの

の2つに分けられます。

首イボの場合、一般的には、ウイルスが原因ではないものが大半だとされています。
大半が、老化現象の1つとして、加齢による皮膚の劣化(脂漏性角化症)を原因とするものや、皮膚の乾燥によるもの、或いは紫外線の影響によるもの、同じ箇所に継続して摩擦などの刺激がある場合に発生するものとされています。

先述したように、首イボは割と年齢の高い方に発生しやすいとは言え、かなり若い年代でも発症することがありますから、「若いから」という決め付けはやめましょう。

「かゆい首イボ」が出来る原因は?

では、その中でも、特にかゆみのある首イボが出来る原因は、どういうものなのでしょうか。

イボへの外的な刺激

基本的には、それほどかゆみが強くない場合には、イボそのものが、かゆみの原因というよりは、イボに外的な刺激が加わることで、かゆみが発生しているという場合が多いようです。
イボはどうしても盛り上がっている場合が多いので、衣服などの刺激が、他の皮膚より加わりやすい状態にあるからです。

皮膚そのものに症状の原因がないことも

一方で、強いかゆみなどが継続してある場合には、細菌やウイルスを原因とする皮膚炎などの症状や、場合によっては皮膚そのものではなく、内蔵などの腫瘍(いわゆるガン)が原因となっている場合もあり得ます。

つまり、イボとは言え、皮膚そのものに症状の原因がないことも考えられるわけです。

かゆい首イボへの対処方法

上記のように、首イボのかゆみの原因が、ただの外的な刺激による場合には、多くはそう長く続くことはありませんし、余程気になることがない限り、特に処置する必要はありません。

首イボに刺激がいかないようにする

ただ、どうしてもかゆみが気になる場合には、刺激が首イボにいかないように、アクセサリーや服などがこすれないように、イボに絆創膏を貼るなどの処置をすることや、蚊に刺された時などと同様、冷やすことなどが考えられます。

他にも、皮膚がカサカサの乾燥状態だと、非常にかゆみが出やすいので、クリームなどで保湿するということも良いでしょう。

病院で首イボを除去する

また、病院で首イボそのものを除去してしまうという、根本的なことも考えられます。
とにかく、かゆいからと言ってかきむしると、よりかゆみが増したり、細菌やウイルスなどに感染しやすくなり、皮膚を痛めてしまう可能性があるので、それは避ける必要があります。

ただ、基本的には、かゆみが強いケースはほとんどないので、そのまま放置して問題ないということになります。

皮膚科を受診する

一方で、かゆみが強い場合など、そのままでは問題がある場合には、やはり、まずは皮膚科を受診することが重要となってきます。
特に短期間で、首以外にもイボが発生する場合などには、注意が必要とされています。

それは内蔵腫瘍などが原因のイボの可能性があるからです。

治療方法

これまで見てきたように、基本的にかゆい首イボの大半は、皮膚科での治療までは必要ないというのが、結論です。
個人的な対処方法で十分対応可能だからです。

ただ、見た目が気になる場合や、かゆみが気になる場合には、自分で除去したり、皮膚科で治療することも出来ます。

イボを除去する

よくある治療としては、イボそのものを除去してしまうということです。

自分でできる治療

自分で出来るものとしては、市販されているイボ取りの薬を塗ったりします。

ただ、原因がはっきりしない場合には、かえって悪化させる可能性がありますから、使用する場合には薬剤師などにきちんとアドバイスを求める方が良いでしょう。

皮膚科での治療

勿論、きちんと皮膚科で医師の診断を受けて治療するということも考えられますし、よりベターと言えます。

ハサミのような機具で除去

皮膚科での具体的な治療としては、ハサミのような器具でイボを切り取ってしまう場合がまず考えられます。

ただ、これはあくまで医療行為ですので、自分でやってみるということは絶対に避けなくてはなりません。

他、液体窒素やレーザーで除去

別の除去方法としては、液体窒素を用いて、急速に冷却して切除してしまうという方法が考えられます。
また、多少費用がかかりますが、レーザーで焼き切るという方法も最近は用いられるようになってきています。

まとめ

いずれにしましても、首イボのかゆみが気になる場合には、「イボだから」と言って放置せず、きちんと皮膚科を受診することが重要です。

PAGE TOP