人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング

首いぼを治療できる皮膚科紹介!料金や薬・保険について解説

皮膚科の首いぼ治療方法について

首いぼが出来た場合、自分で無理やりとってしまうと傷が残る恐れもありますし、場合によっては傷口から雑菌が入り込み炎症などが酷くなる可能性もあります。

いぼの種類によってはその行為がイボを増やす結果となることも考えられますので、いぼに関しては専門である皮膚科で治療するのが最良の方法となります。

しかし皮膚科に通うとなるといぼの治療にどれくらいの費用がかかるのかも心配になりますし、どういった治療でいぼを取り除くのか、その場合に痛みなどは無いのかといったことも不安に感じる人が多いでしょう。

そのため皮膚科に通う前にどのような治療法があり自分にはどれが適しているのかを知っておくこともいぼ治療には必要となります。

料金相場はどれくらい?

いぼの治療を行う場合、治療法によってかかる費用は大きく異なります。

治療法としては医療用のはさみなどで切除する方法やレーザーを用いて治療を行う場合もありますし、液体窒素でいぼを取り除く方法もよく用いられます。
その場合の料金相場としては、いぼ一個あたり500円~3,000円程度が相場となります。

料金に幅があるのは治療法による違いとなりますので、どの治療法を選択したのかにより費用負担が大きく変わりますし、いぼの数が多ければそれだけ費用負担も多くなります。

通常はいぼが複数個できてしまうのが一般的なので、ある程度の費用負担は考えておく必要があります。

保険は適用される?

首いぼの治療を行う場合に保険が適用されるのかといえば、治療法によって保険が適用されるものとされないものがあります。
はさみでの切除や液体窒素、薬による治療の場合は保険が適用されるので費用負担がかなり抑えられます。

しかしレーザー治療に関しては保険の適用外となる治療のため、費用は全額自己負担での治療となりますので注意が必要です。

治療期間はどれくらい?

首いぼの治療期間は治療方法やいぼの数により変わります。
いぼの数が少ない場合は診察したその日にいぼの切除を行うこともあり、その場合は治療に関してはすぐに終了します。

いぼの数が多ければ後日切除などの治療を施すことになりますし、治療後に通院も必要になるので2週間~1ヶ月程度の期間が必要になるのが一般的です。

いぼが大きく手術が大掛かりになると回復までの時間もかかるので1ヶ月以上の期間を要することもあります。

治療に痛みはある?

首いぼの治療を行う場合に痛みがあるかどうかが不安に感じると思いますが、はさみでの切除の場合でもれーあーの場合でもほとんど痛みを感じることはありません。

これは首いぼが角質の集合体のため神経が通っていないためで、医療用のはさみで切除する場合には出血することはありますが切れ味がよいのでそれほど痛みの心配は無いでしょう。

レーザーもほぼ痛みを感じずに治療を行えるので安心の施術法といえます。
液体窒素での治療に関しては多少痛みを感じることがあるためレーザーなどと比べると痛みを感じやすい治療法となります。

皮膚科の首いぼ治療の種類・方法を説明

レーザー治療

首いぼ治療に用いられるレーザー治療は、医療用のレーザーを使用することでいぼを除去する方法です。
このレーザー治療はほくろの除去などにも用いられる方法ですので、肌に出来た異物を取り除く効果が非常に高く、しかも短時間で施術が行なえるというメリットがあります。

レーザーを使用するため出血もほとんど無く痛みも感じず治療期間も短くて済むという多くのメリットがありますし、再発リスクも低く傷跡も残り難いため首いぼの除去には効果的です。

ただし保険適用されないため自己負担での治療となるデメリットがありますし、肌の状態によってはレーザーを使用できない場合もあります。

はさみで切り取る治療法

はさみを使用して切り取る方法は、最もオーソドックスな治療法です。
首いぼにも種類がありますが、角質が固まって出来たものに関してはウイルス性のものとは異なりはさみで切除しても問題ないため、個数が少ない場合や大きさが小さい場合ははさみで切り取ることが多いと言えます。

メリットとしてはその場ですぐに切除が可能なため、治療がすぐに終了するというメリットがあります。

デメリットとしては切り取ったいぼが再発する可能性もありますし、出血することもあり場合によっては傷跡が残る可能性もあります。

液体窒素による治療

液体窒素での治療は、いぼの大きさが大きい場合や隆起しているいぼの場合に用いられます。
この施術では液体窒素によりいぼ周辺の細胞を凍らせ取り除くことが可能なため、隆起したいぼであっても簡単に取り除けます。

費用負担も安価なのでその点を考えた場合にはレーザーよりもメリットがあると言えます。

ただし液体窒素での治療は痛みを伴うことが多いですし、いぼが再発する可能性も高いのでこの点はデメリットとなります。
治療完了までの時間も長いため、短期間での治療には不向きです。

切除手術

いぼが大きくなりすぎていた場合には、切除手術と言う方法でいぼを取り除く必要があります。

この切除手術はレーザーや液体窒素では取り除けない場合に用いられる方法で、大掛かりな手術になるため費用負担もかなり多くなります。

入院しなくてはいけなくなることが多いため、治療に時間もかかりますし、施術後の痛みも覚悟しておかなくてはいけません。

しかし大きないぼであっても手術により取り除けますので、いぼに悩んでいる場合は切除手術を受けることで悩みを解消することが出来ます。

薬による治療

いぼの治療には薬による治療法もあります。
薬は塗り薬での治療が一般的で、処方された薬を塗っていくことで徐々にいぼを取り除くことが出来ます。

メリットとしては痛みを感じませんし自宅で治療できるため手軽であると言えますが、薬の場合いぼがとれるまでの期間が非常に長くかかるというデメリットもありますし、大きないぼの場合効果を得られない可能性もあります。

首いぼを治療できる皮膚科一覧

値段は?お得なキャンペーンも!

気になるデオプラスラボプラチナムのお値段はこちらです。

東京 山手皮膚科クリニック
日比谷ヒフ科クリニック
マグノリア皮膚科クリニック
大阪 南森町いしだ皮フ科
茶屋町皮フ科クリニック
たかせ皮フ科
福岡 デイクリニック天神
形成外科‎
星の原クリニック
札幌 中の島はやし皮フ科‎
札幌美容形成外科
横浜 ミルディス皮フ科横浜西口
赤井クリニックスキンケア
横浜西口スカイクリニック
千葉 品川美容外科・品川美容皮膚科
千葉院 湘南美容外科クリニック
千葉院 クリニックソフィア千葉
名古屋 正木皮フ科クリニック
Nセントラルクリニック美容外科
仙台 明神クリニック
セントローズクリニック仙台
仙台タウン形成外科クリニック
埼玉 あきもと皮膚科クリニック
大宮中央クリニック
ティアラクリニック川越院
広島 水野皮膚科
広島大学病院
沖縄 ジョウクリニック 那覇院
ワイエススキンクリニック 沖縄院
京都 大西皮フ科形成外科医院
京都四条烏丸院
すなおクリニック

首いぼは医師と相談して最適な治療方法を見つけよう

首いぼにも様々な大きさや状態がありますし、治療する際の費用面での違いもあります。

そのため自分の首いぼの状態を正しく理解しそれに合った治療法を選択する事で満足できる治療を行うことが出来ます。
そのためには病院で医師に相談しカウンセリングを行い、最も納得いく方法を決めることが重要となります。

最初から治療法ありきではなく、状態にあった治療法を用いることで治療後のトラブルなども回避することができるでしょう。

PAGE TOP