人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング

首イボの原因は加齢?病気?種類と対策・ケア方法を解説

みなさんは、首の周りに変色したブツブツのようなものができたことはないでしょうか。

そのうち消えるだろうと思ってほうっておくと、いつのまにか数が増えたり、さらに黒ずんで目立ってきてしまうこともあります。

首はほかにくらべて肌の色も薄く、衣服でも隠しにくいので、困っている人も多いと思います。

じつは、それは「首イボ」と呼ばれる症状かもしれないのです。

首イボってどんな症状なの?

首イボは典型的な脂漏性角化症で、いわゆる老人性疣贅の一種です。

「疣贅」というのはイボの医学的な名称で、首イボのことは正式名称で「アクロコルドン」といいます。

良性の腫瘍、つまりデキモノだと考えてください。

見た目は、数ミリ程度の米粒より小さなサイズで、茶色く変色して突起しているという特徴があります。

では、この首イボは何が原因でできてしまうのでしょうか。

首イボの原因とできやすいタイプ

老人性という名前がついていることからも分かるように、首イボはおもに老化現象によって起こる症状です。

といっても、かならずしも老齢になってから起こるとはかぎりません。

その原因には、ほかにもさまざまなものが考えられます。

肌へのダメージが蓄積してイボになる

首イボのもっとも大きな原因は、紫外線や摩擦などによる肌へのダメージです。
このような刺激を受けると肌にシミができ、それが積み重なっていくことでイボになってしまうのです。

そのため、乾燥肌で肌バリア機能がおとろえている人によく見られます。

ほかにも、更年期以降の女性や、肥満者にも多く見られる傾向があります。

これは、新陳代謝が低下したり、体の解毒作用がうまくいかなくなっていたり、また皮膚のたるみで、こすれやすくなっていることも原因と考えられます。

ウィルスが原因でイボになることも

首イボは良性腫瘍なので、痛みもほとんどなく、それ自体にリスクはありません。
ほかの部位に感染することもないので、それ以上広がることを心配する必要もありません。

一方、「尋常性疣贅」や「扁平疣贅」のように、傷口から入り込んだヒトパピローマウイルスが原因となっている首イボもあります。

この場合は、そのまま放っておくと広がりやすく、ほかの部位にも感染することがあるので注意が必要です。

また、イボにはっきりとした痛みがある場合は、ほかの病気も疑われます。
すみやかに皮膚科で受診するようにしましょう。

首イボができやすくなる年齢や条件

老人性という名前がついていますが、30代以上になると誰でも発生しやすい症状です。

特に、更年期を過ぎた中高年層に出やすく、60代以上の人はかなりの確率で首イボができていると考えてよいでしょう。

なかには20代のうちから発症することもあります。
柔らかい皮膚や色が薄い人は、よりできやすい傾向があるようです。

また、首の周り以外にも皮膚が薄く、やはり衣服でこすれやすい、ワキや胸、脇腹、股などにもできやすくなります。

妊娠中の女性は首イボが出やすい

妊娠中は、首イボだけにかぎらず、全身にくまなくイボやシワなどの皮膚疾患があらわれやすくなります。

胎児に栄養が回り、自分自身の免疫力が低下してしまうことで起きる症状です。
体力も低下するので、代謝力が弱くなって老廃物がたまりやすいのも原因のひとつです。

ほかにも、羊水を作るために水分不足となって肌の保湿力が弱まったり、皮膚が伸縮することでも、ダメージを受けやすくなると考えられています。

また、免疫力が弱まることで、アクロコルドンだけではなく、ウイルスが原因のイボもできやすくなります。

首イボにはさまざまな種類がある

アクロコルドンよりやっかいな首イボも

首イボは、アクロコルドン以外にもさまざまな種類があります。

なかにはかなりやっかいなものもあるので、ぜひそれぞれの特徴や違いについておぼえておいてください。

スキンタッグ

アクロコルドンと同じように、首にできやすく、特に汗をかく場所に多く発症します。

茶色や黒っぽい色をして、サイズも小さめですが、大きくなると1センチ近くになることもあります。

やはり加齢が原因で、ほかに感染することはありません。

ウイルス性疣贅

ウイルス性疣贅には、「尋常性疣贅」と「扁平疣贅」の2種類があります。

「尋常性疣贅」は基本的には手の指や足などに発症するイボですが、首の周りにもできることがあります。

色は白っぽく、ほかの部位や他人にも感染します。

増殖するスピードが早いので、見つけたらすみやかに皮膚科を受診してください。

一方、若年性扁平疣贅はニキビと同じように、10~20代の若い時期にできやすいイボです。

アクロコルドンのように突起していない平らなイボでで、1~3ミリ程度の薄茶色いものが、たくさん発症するのが特徴です。

ウィルス性なので、顔を剃ったりこすったりすることで簡単に広がるので気をつけてください。

首イボは治療しなくても大丈夫?

首イボは老化現象で、角質が変化しているだけの症状です。

痛みもほとんどないので、衣服が引っかかって不快感を感じたり、見た目が気になったりする以外には、特に問題ないといってよいでしょう。

自覚症状がなく、気づかないままという人も多くいます。

ただし、基本的に自然治癒することはなく、衣服で刺激されることが続くとどんどん大きくなったり、増えていくことがあるので気をつけてください。

また、痛みがあるときには別の病気の可能性もるので注意が必要です。

特に、急に大きくなる、出血する、色の種類が多い、などといった症状があるときには皮膚がんの疑いもあります。
気になるときは、皮膚科ですみやかに診察してもらいましょう。

首イボはどうやってケアすればいいの?

首イボができたときにもっとも大切なことは、肌を健康な状態に保つことです。

とにかく、肌へのダメージを避け、ターンオーバーを正常に整えるということに気をつけましょう。

日常のなかでさまざまな対策ができる

首イボは、体の外側だけではなく、内側に原因があることもあります。

根本的に治すには、生活習慣などを見なおす必要もあるので、ぜひここで紹介するケアを参考にしてみてください。

保湿ケアで肌をしっかり守ろう

乾燥肌はダメージを受けやすいので、首の周りもしっかり保湿ケアをしておきましょう。

また、服の素材にはコットンやシルクのような天然素材のものを選び、なるべく肌への負担を少なくしてください。
お風呂上がりなどで体を拭くときも、ゴシゴシと強くこすらず、肌を押さえて水を吸い取るようにします。

肌を清潔に保つことは、ウィルスが原因の首イボを防ぐうえでも重要です。

紫外線も大きな原因のひとつなので、外出するさいには日焼け止めやUVカットでしっかり対策しておきましょう。

生活習慣を規則正しくする

首イボを体の内側から解決するには、栄養バランスのよい食事を摂ることが大切です。

また、運動不足にもならないように気をつけましょう。

規則正しい食生活でビタミンやミネラルを摂取することで代謝力が上がり、肌のターンオーバーが正常になっていきます。
それによって肌にダメージが蓄積されにくく、回復しやすい体を作ることができます。

食事で栄養を摂るのが難しいという人は、サプリメントなどで補うのもよいでしょう。

ほかにも、ストレスをためない、睡眠不足にならない、といった生活習慣を整えていくことも大切です。

クリームで肌をケアしよう

首イボ専用のクリームには、保湿や代謝をよくする成分がすべてふくまれています。

使用していると、いつのまにか目立たなくなったり、イボが取れていることがあるので、とてもおすすめです。

特に首イボに効果があるとされている成分が、ヨクイニンです。

肌の新陳代謝をうながし、保湿や柔軟化の作用もあるので、首の周りのブツブツが気になってきたという人はぜひ試してみてください。

一方、絶対にやってはいけないのが、首イボ専用以外のイボ治療薬を塗ることです。

これらはとても強い刺激があり、皮膚の薄い首の周りにはかえって逆効果となることもあります。
注意書きにも記されているので、用法には十分に注意を払って使用しましょう。

ほかにも首イボによく効く成分がある

ヨクイニンと同じように、首イボに効果のある天然成分があります。

そのひとつ、杏仁オイルは、アンズの種から採れる油です。

皮脂に近い成分で、高い浸透力で肌にうるおいをあたえてくれます。
首イボを治すだけではなく、新陳代謝を高める、肌を柔らかくするといった美容効果も高いので、女性としてはぜひスキンケアに利用したい成分です。

一方、ドクダミエキスは日本で古くから薬草として用いられてきた成分です。

殺菌作用が強く、皮膚の炎症を抑える効果があります。
ただし、内服すると下痢の副作用も出ることがあるので、その点には注意してください。

妊娠中の首イボ対策には要注意

妊娠中は首イボができやすい時期です。
ただし、ふだんと体の状態が大きく異なっているので、首イボの対策でも気をつけなければいけない点が多くあります。

まず、基本的に胎児への影響を考えて、サプリメントや内服薬は使用しないほうがよいでしょう。

特に、首イボにとても効果のあるヨクイニンには排毒作用があり、服用することで流産をうながしてしまうリスクがあります。

妊娠中の首イボ対策は、とにかく肌の保湿に集中してください。

それでもなかなか効果が見られない場合は、出産後にあらためてヨクイニンなどを服用するとよいでしょう。

病院でも首イボの治療ができる

首イボは老化現象の一種です。
そのため、どれだけ予防をしていても、残念ながら首イボができてしまうことはあります。

このような場合には、すみやかに病院で治療することをおすすめします。

簡単な首イボの除去法

皮膚科や美容皮膚科、美容形成外科などのクリニックでは首イボの治療をあつかっています。

治療方法については、アクロコルドンの場合はそのままピンセットやハサミで切り取ってしまうのが一般的です。

切り取るというと怖いイメージがあるかもしれませんが、もともと首イボは角質が硬化したものなので、ほとんど痛みを感じることはありません。

医師の技術と専用のハサミで、周りの皮膚にまったくダメージをあたえず、きれいに取り除くことができます。

ただし、わずかながら出血することもあるので、血液をサラサラにする薬を服用している場合は、あらかじめそのことを伝えておきましょう。

また、自分でハサミを使って切り取ることは絶対にやめてください。
肌を傷つけるだけではなく、菌に感染して、かえって肌を悪化させる可能性もあります。

そのほかの首イボの治療法

扁平疣贅のように平らなイボの場合は、ハサミで切り取るのが難しくなります。

そこで、マイナス200℃の液体窒素をピンセットなどで当て、細胞を壊死させるという方法が取られることがあります。

施術後は、イボがかさぶたのようになり、しばらくすると自然にはがれてしまいます。

ハサミで切除するのにくらべると痛みが強く、また治療に回数がかかるといったデメリットがあります。
逆に、一度に複数のイボを治療できるのは大きなメリットでしょう。

ほかには、ホクロやアザの治療に用いられる美容外科の炭酸ガスレーザーも有効な方法です。

こちらは、水分に反応する熱を利用して、イボを壊死させていきます。
テープやクリームで局所麻酔をほどこすので、痛みはありません。

施術後はしばらく痕が残りますが、数ヶ月も経てばきれいになります。
この治療法には、再発しにくくなるというメリットもあります。

ただし、治療に複数回かかるデメリットはこちらも同じです。
イボの大きさによっては、きれいに取り除くまで一年近くかかってしまうこともあります。

日常生活から首イボの原因を取りのぞく

病院でイボを治療すれば、ほとんどのケースできれいに取り除くことができます。

ただし、それで油断していると、結局また同じように首イボができてしまうこともよくあります。

やはり、首イボを根本的に治すには、その原因を生活から取り除かなければいけません。

まず、首のまわりに刺激をあたえるような、アクセサリーや締め付けの強い衣服などはできるだけ避けるようにしてください。

保湿ケアのさいには、顔以外にも、首やデコルテまでしっかり化粧水やクリームを塗るようにしましょう。

これは、UVカットについても同じことがいえます。特に夏場は首元の開いた服を着ることが多いので、気をつけてください。

ふだんの生活から改善して、首イボとはサヨナラしてしまいましょう。

PAGE TOP